マンガ喫茶漫遊堂店長の日記

京都市内(西院・高野)で営業するマンガ喫茶漫遊堂店長のブログです。

ヒメゴト

 古くから少女と言うものは一つ神聖視されているもので、
 そこにある完璧性や神秘性は多くの人を魅了してきたように思います。

 外国で発展を続けるドール文化の多くが少女を題材にしているように、ルイスキャロルが不思議の国のアリスを書いたように、日本でのアニメ文化もまた少女を描くものです。それは変化を前提とした少女性をなにかに固定しようとする作業にも感じます。


5170XP6nlPL__SL500_AA300_.jpg


 女であることを押し殺されて内面のみが少女であり続けるもの、
 少女であることにどうしようもなく憧れるもの、
 外見は完璧な少女でありながら、そうでなくなることを恐れるもの。

 主だった三人の登場人物は、19歳の大学生です。
大人になる、女になる最後の時期に三人は出会い、おたがいに自分の願望や期待を押し付け合いながら関係性の中で変化を続けます。制服と言う少女の印、それぞれが抱えるヒメゴト、大人から与えられる記号としての少女ではなく内面からその変化を描く面白い作品と思います。

 以上、漫遊堂スタッフでした。

スポンサーサイト

FC2Ad