マンガ喫茶漫遊堂店長の日記

京都市内(西院・高野)で営業するマンガ喫茶漫遊堂店長のブログです。

エリートヤンキー三郎

今回紹介するのは「エリートヤンキー三郎」です

341-1[1]

県内屈指の不良校、私立徳丸学園高等学校を仕切っていた極悪な大河内一郎と大河内二郎の「大河内兄弟」
徳丸高校に大河内兄弟の末っ子大河内三郎が入学する事になり周囲は騒然とするが、三郎は内気で少しオタクな普通の高校生だった
だが周囲の誤解や運の無さ、そして三郎に秘められた真の力により彼は徳丸学園を仕切るエリートヤンキーとして自身の思いとは裏腹にのし上がって行く。

凶暴な兄達、大河内兄弟ということですり寄ってくる不良、誤解によって尊敬してしまう不良
そして普通という設定ながらクズすぎる三郎本人…
全員面白いんですが特に面白いのがこいつ…

thumbnailImage_138768[1]
河井星矢です
自分以外の人間は道具か金蔓と考えており、自己中心的で他を見下している
その癖にコロコロと優位な立場に鞍替えしたり、目先の金銭、美味しい話に簡単に決意や信条をも撤回する転ぶ腐り果てた性格
言葉通り「大切なのは自分だけ」で、自らの保身のためなら軍団員はおろか総長の三郎の犠牲も厭わない
しかし意外と常識人なところや頭の良い一面もあり…というキャラです

シュールギャグではなく、ちゃんとしたギャグ漫画なので思いっきり笑いたい人にお勧めです

漫遊堂店員でした。
スポンサーサイト

FC2Ad