マンガ喫茶漫遊堂店長の日記

京都市内(西院・高野)で営業するマンガ喫茶漫遊堂店長のブログです。

最強伝説黒沢


普段からして怠け者のだめ人間、気づけばいい歳、なのに俺にはなにもなし……
と、いうことに気づかされてしまうタイミングというのがありまして、まじめに考えるとこの問題は非常に恐ろしく、また絶望的なものであります。まごうことなき現実でありつつも、そこからにげだしてしまいたくなり、そうやって酒やら遊びやらに走る手もないではないですが、そんなときにはこの漫画をおすすめしたいのです。

51SXAaQw8LL__SS500_.jpg

中年の建築現場作業員である黒沢は、あまりに精彩を欠く人生に、毎日絶望しながら生きていました。
だからといって劇的ななにかが起こるわけでもありません。ちょっとした野望はすぐに失敗し、たまのたのしみは白木屋でビール、気を大きくすると中学生にボコボコにされて、そうして日々のやるせなさに打ちのめされています。

しかし、黒沢の主人公たるゆえんは、そこであきらめたわけではなかった、というところにあるのでしょう。こんな状態からでも、黒沢はあきらめず、つねにポジティブで、さいごのさいごには満足してゆきます。このオチを読んだならば、そうやすやすと、なんの希望もないからといってふてくされてしまうような、そんな気分にはならないでしょう。

ともかく冒頭のようなことを思う人間なら、読んでしかるべき漫画なのです。

以上、漫遊堂高野店スタッフでした。
スポンサーサイト

FC2Ad