マンガ喫茶漫遊堂店長の日記

京都市内(西院・高野)で営業するマンガ喫茶漫遊堂店長のブログです。

自殺島


今日も漫遊堂ブログをご覧下さってまことにありがとうございます!
今日紹介するマンガはこちら!


自殺島~1

そうです!みなさんごぞんじ、森恒二による日本の漫画作品。『ヤングアニマル』(白泉社)にて、
2008年22号より連載中の自殺島です!

主人公セイは自殺未遂を繰り返した末に、「生きる義務」を放棄した意思を示す書類にサインをする。病院のベッドの上で意識を失ったセイは、目が覚めた時、自分がまだ生きており、そして自分と同じ未遂者達が周囲に何人もいる事に気付く。そして、ここが自殺を繰り返す“常習指定者”が送り込まれる島、「自殺島」である事を知る。その直後、未遂者達は飛び降り自殺をする瞬間と死に損ねた者のおぞましい姿を目の当たりにし、一時自殺することを踏みとどまる。“死ねなければ生きるしかない”彼らのサバイバルが始まる。

Wikipediaより抜粋

そうなんです!この漫画は生きるためのマンガなんです!
内容も今の若者に必要な何かを訴えかけています!
すごくこの漫画を読むと生きている喜びを感じることができます!
みなさんも漫遊堂で読んでみてはいかがですか?


漫遊堂高野店スタッフ
スポンサーサイト

FC2Ad