マンガ喫茶漫遊堂店長の日記

京都市内(西院・高野)で営業するマンガ喫茶漫遊堂店長のブログです。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない



こんにちは



最近は天気が不安定ですね

風が強い日もあったのでお花見のタイミングも
去年に比べ、少なかったのではないでしょうか?


今日紹介させて頂く漫画はこちらです!


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」

41OZENoOqmL__AA300_.jpg





原作は小説なのですが、待望の漫画化!

そしてアニメ化、グッズ化、ゲーム化、・・・と
大人気の作品です


まず、原作の小説の方は
著者が「伏見つかさ」さん
イラストが「かんざきひろ」さんが担当しています。

そしてこの漫画の方は
イラストを「いけださくら」さんという小説とは
別の方が担当されています



この作品、題名だけ知られている方は
兄妹の恋愛・・・?という印象を与えてしまわれるかも
しれませんが、
全然そんなことないです


あらすじは

波乱のない普通の人生を志向する男子高校生・高坂京介は、数年前から中学生の妹・高坂桐乃から挨拶もされずまるで汚物を見るかのように蔑んだ視線を送られるような関係になっていた。京介自身もまた非凡な才能に溢れる生意気な妹を嫌っており、そうした冷え切った関係がこれからもずっと続くかに思われていた。

ところがある日、京介は自分の家の玄関で、高坂家では自分も含めて誰も見そうにない魔法少女アニメ『星くず☆うぃっちメルル』のDVDケースが落ちているのを発見する。しかも、そのDVDケースには『メルル』のDVDでなくアダルトゲーム『妹と恋しよっ♪』が入っていた。京介は夕食の卓を囲みながら両親に『メルル』の話題をそれとなく振ってみるが両親、特に警察官である父親はオタクに対する偏見が非常に強く否定的な反応が返って来るのみであった。ただ一人あからさまに不審な反応を返したのは、持ち主としては最もありそうにないと思えた妹の桐乃であった。

その後ややあってケースの持ち主が桐乃であることを確信するに至った京介は、詳しいことは問い詰めずにDVDケースとその中身を桐乃に返す。しかしその後のある晩、これまで挨拶もろくに交わさなかった桐乃が突如として「人生相談がある」と称して京介の部屋に押しかけて来て、実は彼女が萌えアニメや「妹萌え」シチュエーションの男性向け美少女ゲームを蒐集していることや、そうした作品に登場する萌えキャラクターがどうしようも無く好きで堪らないこと、そして誰にもそのことを打ち明けられずに悩んでいたことをカミングアウトされてしまう。京介は内心ドン引きしつつも、苦手な妹を適当にあしらうつもりで、彼女の趣味に理解を示すそぶりを装い、秘密は守るし困ったことがあればできる範囲で協力するという空約束をする。そして厄介ごとを他人に押し付けるためにも、インターネットのSNSへの入会を勧め、妹の趣味に理解を示してくれるような「裏」の友人探しを手伝うことにする。

・・・(wiki pediaからお借りしました。)という内容になってます。

ここからいろんな人物、出来事が起こっていくわけですが、
京介はひょんなことから妹のことを知るうちに
大嫌いだったはずが、
手助けをしている、心配している、と どんどん兄として過保護になっていきます。

そしてそんな兄に悩みを解決してくれたり
思い出が増える度に桐乃(妹)も
兄のことを慕っていくようになります。


桐乃ちゃんはツンデレでいつもお礼も上手く言えず
わがままな態度になってしまいますが
そんなところが可愛く思えてきますよ

現在4巻まで出ているのですが
漫画で4巻まで試し読みして、そこからアニメや原作を買ってみられるのも
お勧めです


西院店に読みにこられた時は、
雑誌コーナー裏の本棚に現在ございます


では、以上漫遊堂西院店でした


mmmmmmm作品情報mmmmmmmm

電撃コミックス
題名「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
原作「伏見つかさ」

スポンサーサイト

FC2Ad