マンガ喫茶漫遊堂店長の日記

京都市内(西院・高野)で営業するマンガ喫茶漫遊堂店長のブログです。

トーキョーグール

こんにちは!最近寒いですね!!
まだまだコタツが手放せない高野店スタッフです・・・。
今日のおすすめはこちら。

SCN_00321.jpg


トーキョーグール/石田スイ




人間の姿をしながら人間を喰らう、食物連鎖の頂点「喰種(グール)」という生き物が存在する東京が舞台です。
カネキこと金木研は、文学を好む平凡な人間でしたが、ある事件をきっかけにグールの内臓を移植されてしまい、グールと人間のハーフになってしまいます。
大好きだったハンバーグもサンドイッチもとてつもなく不味く感じ受け付けない体になってしまったカネキ。そして人間の匂いを嗅ぐと、グールの血が騒いで食欲が止まらなくなってしまうのです。
しかし、体がグールになっても心は人間のままであるカネキは、必死で本能に逆らいます。

人がグールを殺し、グールが人を殺す世の中。
人間とグールの間を繋ぐ存在となったカネキは、世界を変えられるのか・・・?!



スタッフは食事の前にこのマンガを読んでしまったので、ちょっとオエ~となってしまいましたが、本当にありそうなリアルな世界観に引き込まれてしまいました。

グールはその気になれば人類を滅亡させる力があるのにも関わらず、なるべく人間と同じように、自分がグールだと気づかれないように生活しています。グールにとっては不味いご飯を人間と一緒に食べて、美味しいふりをしたり・・・
人間だけでなく、グールの視点にも私たちが感情移入できるように物語が進んでいくので、考えせられます。

「進撃の巨人」やこの漫画に見られるように、倒せそうにない程の強敵って人のかたちをしているよなあ・・・と思います。自分と同じ姿のものほど恐ろしいと感じるのかもしれませんね。

しばらくお肉が食べれそうにないです!
食事前に読むのはおすすめしませんが、面白いですよ!!



高野店スタッフでした。
スポンサーサイト

FC2Ad