マンガ喫茶漫遊堂店長の日記

京都市内(西院・高野)で営業するマンガ喫茶漫遊堂店長のブログです。

罪と罰



 原作は稀代の文豪、フョードル・ドストエフスキーの作品です。

51wzg4mMr9L__SS500_.jpg


「文学はちょっと……」と言われる方にも安心。


 漫画家、漫F画太郎が原作への敬意を忘れ、好き勝手原作を汚しています。


 年嵩の女性との甘い関係、少しグロテスクな表現も顕在です。



 表紙によるテロリズム、原作ファンを唾棄する物語は、常識にとらわれた漫画家では作れません。


 さすが漫画太郎です。


 漫画太郎のファンの方も、そうでない方も、


 文学好きの方も、そうでない方も、


 一読の価値はあると思います。



 高野店スタッフでした。^^


 


スポンサーサイト

FC2Ad