マンガ喫茶漫遊堂店長の日記

京都市内(西院・高野)で営業するマンガ喫茶漫遊堂店長のブログです。

皇国の守護者


急な暑さに体調がまったく追いつきませんが、皆さんはいかがでしょうか。夜は少々マシですが、昼間の暑さはもう真夏のそれといっていいですね。そういうときには読む漫画も、暑苦しい雰囲気のものではなく、少々シリアスでドライなのがよいと思います。というわけで紹介しますのはこちら。

61ddM4wAWSL.jpg

「皇国の守護者」は、佐藤大輔による同名小説をコミカライズ化した作品です。架空戦記界にて著名な同士の作品らしく、この作品でも、どこかで見たことがあるような、しかし現実とはまったく異なる世界観の中での、とある小国「皇国」と、その領土を侵略せんとする「帝国」の激しい戦争が描かれます。

その主な舞台は、「皇国」北部に位置する「北嶺」。現実ならば北海道あたりかなというところですが、ここに突如として侵攻を開始した「帝国」、雪深い冬の原野で、打石式のライフルや騎兵がぶつかり合います。主人公、新城直衛は当初こそ、キワモノ兵科の「サーベルタイガー」部隊の一員として戦場に身を投じますが、敗色濃厚な合戦の中で、その戦争の才能を遺憾なく発揮しながら戦い抜いてゆきます。

原作小説は大変な長編ではありますが、このコミカライズ版は全五巻での完結と非常に読みきりやすい分量であり、シリアスな戦場に感情投入するにはぴったりです。

私個人も非常に好きな漫画ですので、どうか一度お読みください。

以上、漫遊堂高野店スタッフでした。
スポンサーサイト

FC2Ad